トリキュラー21

トリキュラー21とトリキュラー28の違い

ピルは21錠と28錠の2つのタイプがあります。

 

どちらのタイプも、ピルの飲み方には違いがありません。

 

またどちらのピルを使用しても効果にも全く違いはありません。

 

21錠タイプは、3週間(21日間)服用して7日休薬したら、8日目からまた21条の新しいシートを始めます。

 

トリキュラー21

 

28錠タイプは、3週間(21日間)服用して7日間はプラセボ(偽の薬)を服用して、8日目からまた28条の新しいシートを始めます。

 

トリキュラー28

 

どちらの方がいいのかはその人の考え方で変わってきます。

 

21錠タイプは、薬の数が少ないので全体として薬が小さくなりますので、持ち運びに便利ですが、休薬期間がありますので、その間に次のシートを飲み始めるのを忘れてしまう可能性があります。

 

28錠タイプでは、薬の数が28錠と多いので、持ち運びには少し大きくなりますから不便ですが、7日の間休薬をせずにそのままプラセボを服用しますので、8日目から新しいシートに変わる事を忘れることはありません。
※毎日ピルを飲んでいる事になりますので

 

やはり迷ってしまうのは、28錠か21錠かになると思いますが、上記の事をよく自分に当てはめてみて自分にあった方を選ぶといいでしょう。

 

どうしても忘れ症でダメという人は!トリキュラー28をよりご購入ください。

トリキュラ21の値段

皆さんがお気に入りで使用しているトリキュラーについてお話しします。

 

トリキュラーはとても人気のピルで、日本では一番人気になっています。

 

トリキュラーの構造は三相性で、全てのピルが同じ用量でできたぴるではありません。

 

三相性にする事で、最終的には体内に入るホルモンの量を最小限に抑えることができます。

 

そのことは、女性の体にとってもとても優しい事を意味しています。

 

また、トリキュラーはとても避妊効果が高いことでも知られています。

 

トリキュラーは三相性のピルですので、飲み間違いをしてはいけません。

 

ピルには三相性と一相性があります。

 

その違いを少し説明してみます。

 

三相性のピルは、21錠のピルすべてが同じ量のホルモンが入っているのではなく、飲む時期に合わせて最適なホルモンの量になるように工夫されています。

 

一方、一相性のピルはそのピルにも同じ量のホルモンが入っていますので、間違えて飲み違っても全く問題がありません。

 

トリキュラー

 

三相性のピルでは、結果として体に吸収されるピルの量が少なく抑えられる反面、それぞれのピルのホルモン量が違言いますので、飲み間違いが絶対にできません。

 

この点は、三相性の厄介な所ですが全体として、ホルモン量を減らせますので体の負担はだいぶ軽くなります。

 

どうしても、三相性のピルが苦手で間違えてしまうと考えている方には、一相性のピルもあります。

 

こちらは21錠すべて同じ量のホルモンが入っていますので、間違えても心配いりません。

 

三相性のピルにするか、一相性のピルにするかは考え方で変わります。

 

どちらが、良くてどちらが悪いという事もありませんので、自分にあったピルを選びましょう。

 

また、実際に服用してみませんとどのピルがあっているのかはわかりません。

 

トリキュラー21

ピルの個人輸入

日本は海外からある一定量の薬を個人で輸入してもよいということを皆さんは聞いたことはあるでしょうか?

 

実は一定量までなら個人で輸入することができます。

 

詳しく知りたい方は下記を参考にしてください。

 

医薬品等の個人輸入に関して

 

実際は個人輸入は難しい為どんな方法でやるかを調べたりするのは事務的に困難だとされています。

 

それではどのように個人輸入をすればいいのでしょうか?

 

実は輸入を代行してくれる業者があります。

 

その業者から簡単にネットで注文できますのでまるでネット通販で買うように楽に買えます。

 

気をつけてください!!
個人輸入の代行業者には平気で偽物を売る悪い人がいますので注意してください。
万が一偽物を販売している業者の商品を間違って購入した場合には最悪のケース
では体に悪い影響を及ぼすおそれがありますので、安いからといって簡単に
買わないようにしましょう。

 

日本でのピルの状況

ピルの使用率は日本と違って海外では多いとのことです。

 

ではどのくらい多いのでしょうか?

 

実際はオランダは60%、イギリスは72%、欧米では70%〜80%以上のピルの使用率が高いということがわかりました。

 

なぜ日本の女性がピルを使用する人が少ないかといいますと「ピルは怖い」というイメージがあります。

 

ピルは怖いものではありません!!

それは副作用などの問題があるからではないでしようか?

 

ピルの副作用は個人差がある為、副作用がでない人もいますがピルの副作用は少量なので安心してください。

 

例えばピルを飲んだ時に出る頭痛や吐き気などです。

 

その他にもピルは避妊薬としか思っていない単に無知な人もいます。

 

そういうことしか知らない日本人はもっとピルについて学ぶべきだと私は思います。

 

ここではそんなあなたの知らないことを教えますね!!

 

ピルの悪いイメージ良いイメージについてお話しします。

 

まずは[ピルの悪いイメージ]

 

@ピルは高額な金額を払わなくてはいけないという認識(お金持ちしか買えない)

 

Aピルは副作用がある。

 

Bピルは前にも書いたように怖いという認識がある。

 

Cピルの使用方法が面倒である。

 

Dピルを飲むと太るということです

 

E湿疹や吹き出物、またはニキビなどがでる。

 

[ピルの良いイメージ]

 

@ピルは避妊薬だけではありません。

 

Aピルは月経痛や月経不順、月経困難症にとても効果があります。

 

日本人はピルのイメージをこんなにも悪く思っていたなんて知らなかったですね。

 

私も始めて今回のことでわかってきました。

 

これからはピルについてよく理解をして前向きな気持ちで使用するつもりです。

 

ピルの良いイメージをもっと出して皆で理解をしていきましょう!!

 

こちらのサイトはそんなあなたの理解者です。

 

ピルをもっと安く購入すれば皆さんも使用してくれはず!